【6月のお便り】窓を開けてすごす季節。

暑い日が続きますが、みなさま、いかがおすごしでしょうか。この時期になると、窓を開けて過ごす時間が増えますよね。防犯や騒音など、気を付けてほしいことをまとめました φ(・

窓を開けてすごす季節の注意ごと
1 ― 騒音に気を付けて
2 ― 窓の防犯
3 ― 虫にご注意

騒音に気を付けて

窓を開けて過ごすようになると、騒音のトラブルが増えてきます。生活音はある程度はお互い様ですが、窓を開けている分、いつもより外に漏れているかもしれないと少し注意してください。非常識な音量や複数人で騒ぐなどの行為は、控えてくださいね。深夜に洗濯機を回さないなど、時間帯の配慮もよろしくお願いします。


窓の防犯

網戸にしたいけど、鍵をかけないのは怖い…。そんなときにおすすめなのが、網戸・サッシ用の補助錠やストッパーです。窓枠に張り付けるストッパーや、サッシに渡して固定するものなどがあり、網戸の簡易ロックみたいな感じです。ただし、ストッパーや補助錠を付けても、防犯が万全なわけではありません。就寝時や外出時など、無防備になる時は施錠してくださいね。「うっかり開けっ放し」にも気を付けて!

補助錠について:粘着タイプの場合、退去時には無理やりはがさず、シールはがしなどを使ってはがしてください。(サッシを傷つけないようお願いします)



虫にご注意

またこの時期、入居者さんからの問い合わせで多いのが「虫」に関すること。お部屋を清潔に保ち、虫の侵入・発生を防止しましょう!

ベランダ周辺

段ボールの置きっぱなしに注意!湿けた段ボールは虫の温床になります。ゴミをベランダに出しておく場合は、できるだけ気密のしっかりしているゴミ箱を使ってください。隣近所お互いのためにも、清潔に保つようにお願いします。

キッチン

Gの出現が増える時期でもあります。対策は色々ありますが、基本は、ベランダとキッチンを清潔に保つこと。甘い香り、アルコールや油、食べ物のにおいをさせない、洗い物をためない、空き缶などをためない、生ゴミはこまめにとり、きちんとくくってゴミ箱へ。

シンク下にも注意。パイプ周りに水滴がついている場合は、除湿剤などを用意するのがおすすめです。食材を置いている場合、特に粉ものは虫が出やすいです。開封後はきっちり封をして冷蔵庫へ。

窓辺

網戸をしているのに、どんどん虫が入ってくる……。それはもしかしたら「開け方」が悪いのかも。網戸を開けるとき、右・左、どっちでもいいと思っていませんか?実は「網戸と直に重なっている方の窓」を開けると、網戸と窓の間に隙間ができ、虫が入ってしまうんです。

この仕組みを知っていれば、室内に入り込む虫はだいぶ減るはず。それでも入ってきてしまう「ユスリカ」などの小虫は、雨の後、カッと晴れて気温が上昇したときに発生することが多いそうなので、その条件が合わさった日はちょっと用心を。


\remind配信/
暑くなる前に エアコンチェック

先月も案内しましたが、エアコンが動くかどうか確認をお願いします!エアコンを使う時期になると修理依頼が増え、なかなか修理がまわってこないことがあります。なので、暑くなる前に、動作確認しておくことをおすすめします!(下記のメーカー各社のサイトに動作チェックについて詳しく載っていますので、あわせてご覧ください)

=====

梅雨もまだなのに、夏日になる日もありますね。体調を崩しやすい時期です。疲れたときは体を休めてくださいね。それでは、また来月!

[次回は7月上旬配信予定]

ふらっとLINEでは、
管理物件にお住いの皆さまにお伝えしたいこと、
例えば夏の豪雨前にしておいてほしいこと、
冬の凍結予防のためにしておいてほしいこと、
などなど、大事なお願いや注意事も配信します。
また、メニュー画面より、各種サービス・手続きをご利用いただけます。
入居期間中はお友だち登録をよろしくお願いします。