フラットエージェンシーの 北区案内【衣笠】

---
フラットエージェンシーの本拠地「京都市北区」。
このまちの案内は、私たちにおまかせください!
さあ、それではさっそく…。
---

今回取り上げるのは、北区の北西、右京区との境の「衣笠」というエリア。金閣寺やその背後に悠々とたたずむ左大文字山、立命館大学などが有名どころです。

ざっくりと、位置はこんな感じ。バス通りの北大路通り、西大路通りの合わさるところなので、バスがとても便利です。そして、この地図からもわかるように、背後が山地。地元の衣笠幼稚園、金閣小学校の子どもたちはこの衣笠の森をフィールドに、散策したり、課外授業があったりと、普段から親しんでいるそうですよ。

衣笠山からの景色。左手が左大文字山。金閣寺も見えています!

そんな地元の人にとっては身近な存在の衣笠山ですが、引っ越してきた人や地域に詳しくない人には、あまり知られていなかったり、すぐ近くの立命館大学の学生さんでも踏み入れたことがなかったり。実は、このお山、散策するととっても楽しくて面白いんです。(かくいう私たちも初めて!だったのですが)
今回は、京都森林インストラクター会、森へのパスポート実行委員会の方々に色々と教えていただきながら、たっぷり散策してきました♪

衣笠山「遊々の森」

入口が少しわかりにくいですが、立命館大学前の堂本印象美術館の脇を入り、道なりに進むと登り口の階段が見えてきます。ここからスタート!

衣笠山遊々の森 もりさんぽMAP(森へのパスポート実行委員会制作)

金閣小学校の3年生が作った巣箱!ヤマガラやシジュウガラの住まいに。さらに歩いていくと、イノシシの土堀りの跡、アナグマの巣穴など、あちこちに動物たちの痕跡が。

風にソヨソヨ揺れるからソヨゴ。赤い実がとても可愛らしいです。お正月飾りにも用いられるウラジロがたくさん自生していました。飛行機のように飛ばして遊ぶのが子どもたちも大好きなのだとか。

エビフライ?いいえ、これはリスの食べ跡!松ぼっくりの中の種を食べた残りの部分なのだそうです。面白いですね!

さあ、1時間ちょっとで山頂に到着。標高は高くはありませんが、整備されていない道を進むのは、慣れていないとなかなかハードで、このぐらいがちょうど良い。(…これ以上はしんどかったかも。)山頂はとっても気持ちよかったです!(地元の方が鍋焼きうどんみたいなのを温めておられてそれはそれは美味しそうでした、、、。)

上列右から、京都森林インストラクター会の水谷さん、鳥越さん、下列右から、森へのパスポートの稲田さん、松田さん。今回は松田さんの活動の取材として、同行させていただきました。森の空気に触れて、体を動かして、とってもリフレッシュできました。皆さま、ありがとうございました!

衣笠山の楽しみ方、ぜひこちらの動画もご覧ください♪

【むらさきびとを訪ねて】
vol.1 松田直子さん
京都の身近な森を舞台に活動されている松田さん。
今回は衣笠山遊々の森をご案内いただきました。
・・・

近くの物件

最後にこのエリアの物件をご紹介します!今回、身近にこのような自然があること、そして地元の幼稚園や小学校ではこの森をフィールドに様々な体験授業をされていると知り、ご家族で引越してこられる方には、ぜひお伝えしたいなぁと思いました。また、道中では「毎日登っている」というおじいさんともお会いしました。小さなお子さまからお年寄りまで、様々に楽しめる衣笠山。ぜひ訪れてみてください♪ そしてこの辺り住んでみたいかもと思ったら、お気軽にご相談くださいね。

リージェンシーコート平野 詳しくはこちら

ベルリード等持院 詳しくはこちら

NORDIC HOUSE 鷹峯 (一部家具付) 詳しくはこちら

紫野北舟岡町貸家 詳しくはこちら

▼ 立命館大学の学生さん向けのお部屋探しはこちらから ▼

フラットエージェンシーのまち案内、いかがでしたか?今回は北区の衣笠をご紹介いたしました。次回はどのまちでしょうか。どうぞお楽しみに!